お申込みは
こちら
GOD SAVE THE THE QUEEN JAPAN TOUR
4年連続の来日公演決定!GOD SAVE THE QUEEN JAPAN TOUR 2020 世界一のトリビュートバンド God Save The Queen(ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン)が贈る至極のクイーンの名曲を実感せよ!

SCHEDULE

SENDAI
2020年
4月6日

仙台GIGS

開場18:15
開演19:00
全席指定 7,700円(税込)
KHB東日本放送 事業部022-215-2545(平日10:00~18:00)
ニュース・プロモーション022-266-7555 (平日11:00~18:00)
http://www.newspromotion.jp/
ACCESS
TOKYO
2020年
4月7日

EX THEATER ROPPONGI

開場18:00
開演19:00
スタンディング 7,700円(税込)
サンライズプロモーション東京0570-00-3337(平日12:00〜18:00)
ACCESS
OSAKA
2020年
4月8日

なんばHatch

開場18:00
開演19:00
1Fスタンディング 7,700円(税込)
2F指定席 7,700円(税込)
夢番地(大阪)06-6341-3525(平日11:00〜19:00)
ACCESS
FUKUOKA
2020年
4月10日

DRUM LOGOS

開場18:15
開演19:00
スタンディング 7,700円(税込)
LAND092-710-6167(平日 12:00~18:00)
ACCESS
HIROSHIMA
2020年
4月12日

NTTクレドホール

開場16:45
開演17:30
スタンディング 7,500円(税込)
HOMEイベントセンター082-221-7116(平日 10:00~17:00)
ACCESS
YOKOHAMA
2020年
4月14日

Yokohama Bay Hall

開場18:00
開演19:00
スタンディング 7,700円(税込)
サンライズプロモーション東京0570-00-3337(平日 12:00~18:00)
ACCESS

NEWS

2019.12.06あの熱狂が再び!4年連続となる来日ツアーが決定!!
MORE

TICKET

チケット先着先行販売スタート!

受付期間:2019年12月6日(金)15:00~2020年1月6日(月)23:59

Yahoo!チケット

お申込み
※未就学児入場不可。
※スタンディングは整理番号順のご入場となります。
※会場により入場時別途ドリンク代が必要となります。
※詳細は受付サイトにてご確認ください。


※仙台公演のみ別途販売受付になります。
受付期間:12月9日(月)12:00~1月12日(日)23:59
チケットぴあ特電:0570-02-9959 (Pコード不要) ※先着先行

BIOGRAPHY

God Save the Queenは1998年にアルゼンチンで結成された4人組。
南米を拠点に欧州やインド等、世界30カ国でライブを行い、これまでに80万人超を動員。
地元ではアリーナ・クラスで単独公演を行うほどの人気を呼んでいる。

世界中のクイーン・ファンに支持され続けるGod Save The Queenの魅力は、なんといってもその“そっくり度”。

メンバー全員が1981年のクイーン初アルゼンチン公演でノックアウトされたという筋金入りのマニアでもあり、中でもボーカルのパブロ・ペイディンは、声域、出で立ちや雰囲気、一挙手一投足までもが、生き写しかとも見紛うほど。
完成されたステージデザインの中で、フレディ・マーキュリーの生き写しのようなパブロ・ペイディンが届けるパフォーマンスは必見だ。

メンバーたっての希望で実現した2016年9月の初来日公演では、全員でシンガロングする「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」で泣き出す人が続出するなど、目の肥えた日本のクイーン・ファンを完全に魅了。
公演終了後には招聘元に再演のリクエストが多数寄せられ、3年連続で来日ツアーが実現している。

2018年11月に公開されたバイオグラフィ映画『ボヘミアン・ラプソディ』が世界各国で称賛を浴び、日本でも音楽伝記映画で興行収入が1位を記録するなど、一大ムーブメントを巻き起こした。

ローリングストーン誌が「史上最高のトリビュートバンド!」と称え、フレディのパーソナル・アシスタントを長年勤めたピーター・“フィービー”・フリーストーンが「フレディが蘇り、とても感動した!」と絶賛しているクイーン・トリビュートバンド「God Save the Queen」。

その感動を2020年のジャパン・ツアーでぜひ体感してください!

MOVIE

MORE
企画/制作/招聘:エイベックス・エンタテインメント
協力:MUSIC LIFE CLUB(シンコーミュージック・エンタテイメント)/ 六角堂